車検に関する情報

車検を依頼する業者の選び方について

費用を抑えて質の良い車検をするなら

法定費用にはどんなものがあるのかを知る

軽自動車は、車体本体も安く購入できるのが魅力ですが、車は購入したらそれで終わりではなく購入後も様々な出費が発生します。ガソリン代や自動車保険の掛け金も気になるところですが、特に大きな出費となるのが車検です。具体的にはどのような費用が発生するのかも知っておきましょう。まず法定費用では自賠責保険料や自動車重量税、印紙税が発生します。自賠責保険は自動車を運転する人は必ず加入しなければならない保険です。運転をしていなくても自動車を持っているだけで発生するということは理解しておきましょう。そして、自動車重量税は所有している自動車の重量によってかかる税金です。こちらも運転していなくても、自動車を所有しているだけで発生します。印紙税は手続きを行う際に運輸支局などに支払う手数料です。法定費用は車検をどこで受けた場合でも変わることはありません。

基本料金はどんなものが発生するのかもチェックしよう

軽自動車の車検では、法定費用は必ず支払うことになりますが、車検基本料金も欠かすことができません。具体的にどのような費用が発生するのかも知っておきたいところですが、まず24ヶ月定期点検料が発生します。このほかには測定検査料や代行手数料なども必要です。車検を受けるときは自動車税を支払っておく必要もあります。自動車税が未納になっている場合は速やかに支払いを済ませましょう。自動車税の納税証明書を紛失した場合は、証明書を再発行してもらう必要があります。車検では、まとまった費用が必要になりますが、できることなら安く抑えたいと考える人は多いものです。安く抑える方法としては、不必要な検査項目を省くことがあげられます。ディーラーではトラブルを避けるために、より丁寧な整備点検が行われる傾向にあります。丁寧な整備・点検は安心感がありますが、項目が追加されるので、その分費用は高くなります。

より費用を抑えるならディーラー以外に注目

軽自動車の車検はディーラーに依頼すると安心感がありますが、費用を安く抑えるのは難しいものがあります。より費用を抑えるのであれば、ディーラー以外の業者にも注目してみましょう。ディーラー以外では、ガソリンスタンドや町の整備工場、さらに車販売店などでも提供されています。車の知識が豊富な人はユーザー車検を選ぶという方法もあります。とはいえ、ただ安いだけで整備や点検の質が悪いと思わぬトラブルになる可能性もあります。車検専門業者なら、様々なコストカットの努力が行われていますので質の良い車検が低価格で利用できることも多くなっています。専門店は1時間以内など短時間で整備・点検ができることも多いので、余計な時間をかけたくない人にも向いています。

人気記事ランキング