軽自動車の車検情報

軽自動車の車検方法に関して

安心して車検を依頼できる業者を見つけよう

比較的維持費用が安いことで人気

日本車は性能が良いことで知られていますが、特に最近は軽自動車の質が良くなっていることもあり、普通車よりも軽を選ぶ人が増えてきました。メリットとしては、小回りが利き運転しやすいこと、車庫入れが簡単にできることなどがあげられます。さらに車両価格が安く購入しやすいことなども選ばれる理由です。そして、車は購入したときだけではなく、購入後の維持費についても考えていく必要があります。整備や点検、税金やガソリン代などが発生しますが、軽自動車は税金も安く、ガソリン代も安く済むのがメリットです。特に車検はまとまった費用が発生しますが、普通車よりも安く済むのも嬉しいところです。新車で登録したときは3年後になりますが、その後は2年ごとにする必要がありますので、どこに依頼するのかもよく考えておきましょう。依頼できるところはディーラー、民間整備工場や専門店などがあげられます。

どのような費用が発生するのかを知る

軽自動車の車検では、どのような費用が発生するのかも知っておきましょう。まず、法定費用はどこに依頼しても変わることはありません。法定費用は自動車重量税や自賠責保険料、印紙・証紙代などがあげられます。法定費用に基本費用がプラスされますが、基本費用はどの業者でも同じというわけではありません。利用する業者によって、数万円程度費用に差が出ることもありますので、慎重に選んでいきましょう。例えば、ディーラーは丁寧な整備点検を行いますが、費用はやや高い傾向にあります。ユーザー車検は費用を安く抑えることができますが、そのかわり整備は最低限になってしまいます。費用は安く抑えたいところですが、安全に走行させるためには十分な整備点検をすることも大事です。

安くて質の良い整備・点検を希望するなら

費用を抑えながらも、質の良い整備・点検をするのであれば車検専門店への依頼も考えてみましょう。こうした業者は独自のノウハウや専門の検査システムを導入しているところが多く、短時間で低価格でも質の良い整備・点検が行われています。業者に引き取り・納車を依頼するとその分の費用も発生しますが、自分で車を持ち込み、引き取りもするのであれば納車のコストもかかりません。さらに、車検のときは申請代行料や事務手数料も発生しますが、専門店の場合は一度に多くの車をまとめて登録するので、代行料も無料というところも多くなっています。ただ安いだけで、整備点検が十分に行われていない業者を選ぶのではなく、様々なコストカットの努力で、質の良い車検を安く提供している業者を選ぶことが大事です。

人気記事ランキング